ヤマキ電器コラム 詳細

苗木城遠征

2019/09/14

苗木城遠征

苗木城は岐阜県の中津川市の木曽川の右岸にあった山城で別名を霧が城・赤壁城と
言われ、国の史跡に指定されている。
築城は鎌倉時代初期(1242年)で岩村城(恵那市)を本拠地とした地頭 遠山氏が
木曽川北部の所領確立の為、建てたとされる。
遺構は本丸・二の丸・三の丸の石垣や大矢倉後・風吹門跡・綿倉門跡や堀などが残っている。
天守台や大矢倉の石垣・馬洗い岩など巨大な自然石が複数個所利用されているのが面白い。


苗木城案内看板
 

中庭から見た天守閣。


階段の石垣が歴史を感じる。


天守閣から見た景色
木曽川から中津川市・恵那山を望む。


天守閣登り口に生えたツタや
草花が歴史を感じた。



営業2課
長江)
 
上部へ戻る